インドへ ~クリシュナマチャリア師のヨガ

 

アシュタンガのパタビジョイス師アイアンガー師を育てた、“師たちの「師」”と称されるクリシュナマチャリア師

f:id:otafukuko:20121106164239j:plain

師が考案したViniyoga(ヴィニヨガ)は、後のアシュタンガやアイアンガー等、様々なスタイルのヨガに影響を与え、現在はご子息のデシカチャー師によって継承されてる。

 

そんなヴィニヨガの最大の特徴はパーソナルなヨガを提供していること。

 

「vini(ヴィニ)」とは状況にあわせる、という意味で、“生徒がヨガの練習に合わせるのではなく、ヨガの練習が一人一人に合わせられるべきである” という考えから、年齢や体力や体格が異なる人々それぞれマッチしたヨガを教えている。つまり、すべてオーダメイドのヨガの練習法を提供している。

 

身体的な問題に加え、内面にある心の傷や精神状態、思考パターンといったメンタル面も考慮したヨガが提供されるため、ヒーリング効果の高いセラピューティックなヨガとも言われている。

 

腰が痛い、肩があがらない、慢性の頭痛があるといった肉体的症状から、コントロールダイエット、不眠、気分の落ち込み等、いろんな症状にあわせたヨガを提供している。

 

さらにヴィニヨガでは、アーサナやプラーナヤーマ(呼吸法)に加えて「音」を使った指導(練習)も行っていて、個々にあわせたマントラやチャンティングがメニューに加えられたり、楽器を使ったセッションも行われるらしい。

 

「個々にあわせてパーソナライズされたヨガ」という考え方にもっと触れたくて、南インドチェンナイにあるクリシュナマチャリア・ヨーガマンディラムを訪れてみた。

f:id:otafukuko:20121023013006p:plain

 

周りの環境とはうってかわってこの施設はとってもキレイ。クリニックといった雰囲気もあり、たくさんの生徒さんが通っていた。

 

ちなみに周りはこんなかんじ。

f:id:otafukuko:20121107162814j:plain

道端でなにか売ってたり、

f:id:otafukuko:20110119155347j:plain

施設の前で牛にゴハンをあげてたり、

f:id:otafukuko:20110120161947j:plain

手のひらにカレーを塗ってくれた(試食?)屋台のおばちゃんがいたり、

f:id:otafukuko:20110120122026j:plain

施設並びの八百屋は主婦で賑わってたり、

f:id:otafukuko:20110120122509j:plain

 

つまり、むちゃくちゃ普通の住宅地にこの施設は建っている。普通の人が普通に暮らす中に、普通に溶け込んでる。つまりはそれが、「ここで提供されるヨガの考え」を現わしてるのかなーと思った。

 

すべての人の日常にあたりまえにヨガを・・・。

 

実際のセッションを目にすることはできなかったんだけど、私が講義を受けていた先生とのセッションを終えた生徒さんが帰ろうとしてたので、思いきって声をかけてみた。

f:id:otafukuko:20110118155135j:plain

ナマステ~!

私ハ日本カラ勉強シニ来マシタ、メニュー見セテクレマセンカ?

 

f:id:otafukuko:20121106171712j:plain

 

ふむふむ・・・まずは呼吸に意識を集中し落ち着かせて、

サポートを使った前屈(パールシュボッターナーサナ?)、

体側を伸ばしてサポートを使ったツイスト(パルブリッタトリコ?)、

ヴァラーサナ、カウポーズ、セツバンダーサナ・・・かな。

マントラは「om namah sivaya (オーム ナマハ シヴァーヤ)」だね。

 

生徒は与えられたメニューにそって日々ヨガを行い、しばらく経って練習や心身状態のチェックにまた訪れる。写真の女性もこの日チェックにやって来たそうな。テキストもちゃんと持って来てて(写真で彼女が持ってる本)マジメなんですね!ありがとう!

 

たしか腰痛があると言ってたかな。あと不眠が少し。まだ若い方だったと思う。

 

なぜこのメニューなのか?といった症例やヴィニヨガのアプローチが詳しく書かれたテキストが施設で販売されてたので、英語はさっぱりながらもどうしても読みたくて購入して帰った(これについては後日まとめるつもり)。

 

私はこの施設でインターナショナルコースというトレーニングを受けたんだけど、休憩中に中庭でボーッとしてるとマントラを練習中のセッションがよく聞こえた。先生と生徒が何度も正しい発音を繰り返し練習していた(マントラやチャンティングは、サンスクリット語の音を正確に唱えてこそ最大効果が引き出せる、と考えられるため)。

 

そのマントラを聞きながら、「これもまた、ヨガのひとつの在り方なんだな・・・」と感じた。老若男女、いろんな人がここを訪れ、今の自分に必要なヨガを行っている。すべての人の心身健康を保つひとつの手段として、あたりまえに生活に組み込まれている。

 

不具合が起こってからの対症療法ではなく、予防医学や健康増進的な役割をヨガが担い、その効果は可視化された科学的エビデンスとしてシェアされている。

 

師匠から弟子に、一子相伝的に受け継がれていた時代の伝統的なスタイルを受け継ぐ「個人にあわせたヨガ」の現代のあり方を体験した私は、この旅を経て、さらに療法的なヨガへの興味を強めていった。

 

 

※デシカチャー師によるヴィニヨガのテキスト、素晴らしいです、オススメ!

The Heart of Yoga

The Heart of Yoga

 

※日本でもクリシュナマチャリア氏のヨガを体験できます。藤沢鵠沼「スタジオジョーティ」のサイトはコチラ⇒

 

 

★otafukuyogaの最新クラススケジュールはコチラ