読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015年があけました

日常のこと

 

暦の上ではとっくに明けてますが・・・

 

父の四十九日が過ぎ、お祭り(実家は神道なので「五十日祭」といいます)も無事に済んだことで、ようやく2015年のスタートを感じています。

 

今年もよろしくお願いします!

 

春にはヨーガ療法学校の卒業も控え(卒論がちゃんと完成し、試験をパスしたらの話だけど・・・)、

 

さらに今年はすでに3人のアイアンガーシニアティーチャーのトレーニングを予定してます(Marla AptLisa WalfordGabriella Giubilaro)。

 

これまで通り師匠ケイコ先生のもとで学び、その機会に感謝しながら真摯に練習を続け、その中で得たものをクラスでシェアしたいと思います(当たり前のことだけど)。

 

ACT!

GO practice!

 

生きることは行動すること。

今年も元気に生きましょー!

 

 

※今週24(土)13時半~、高円寺で「リストラティブヨガ」のクラスを行います。道具を使って身体のこわばりを解き、長くポーズを保つことで深部にアプローチします。静かに自分と向き合う時間の中で心身を癒やし、回復していきましょう。ヨガが初めての方も歓迎です

 

 

2014年ヨガ備忘録 ---------------------------------------------------------

 

◆1~2月、念願のサンドバッグクォーターラウンドブロックを入手し、プロップスが充実したことでセルフプラクティス集中月間に。

 

「自分自身を師」とし、知識と知性を総動員し、肉体の感覚、呼吸の様子、感情や思考とじっくり向き合えることがセルフプラクティスの良いところ。

 

時間や頻度といったMYルールや、ターゲットアサナやシークエンス等のプラクティスメニューの用意、プロップスや自宅環境を整えることで、セルフプラクティスがグンと習慣化しやすくなりました。

 

◆3月、毎年参加しているマーラ・アプト先生のトレーニングに参加。ぎゅんぎゅんねじって、ばんばんバックベンド!

 

◆4月、デビッド・シルガニー先生のトレーニングに参加。表参道フルラヨガでの12名の少人数で行われた贅沢なトレーニングでした。

 

また、偶然だけどちょうど誕生日の日から、師匠オクノケイコ先生のクラスのアシスタントデビューをしました。師事する先生のアシスタントをやらせてもらえることは本当に光栄なことで、非っ常ーーーーーーに勉強になっています。

 

◆5月、ラマナンド・パテル先生のトレーニングに参加。ムドラーについて初めてきちんと勉強。ムドラー(印)を結ぶことの意味と意義、その種類の多さ、繊細さ、奥深さに感動しました。

 

文字が未発達のはるか昔から伝わる「形をとる」「象徴を成す」といった『型取ることの持つ力』について、もっといろいろ知りたいなーと思いました。

 

またこのGWから、五反田サン&ムーンyogaスタジオで代行クラスのデビューをしました。

 

◆6月、北インドのマナリへヨガ修行の旅に。断食やプジャ(儀式)を経て、グルジから聖名(ヨガを探求する者が授かる修行名)を拝受したことで、身の引き締まる思いがしました。

 

◆7~8月、たくさんの方に支えられ、プライベートクラス「otafukuyoga」がお蔭さまで4年目に突入!長く続けられていることに本当に感謝!

 

いっぽうで、友人が突然この世を去りアイアンガー先生もこの世を去り、なんだかぼんやり過ごした(けれど忘れられない)夏でした。

 

アサナの練習は少し控え、久しぶりにギーターやスートラ、アイアンガー先生の本や瞑想関連の本を読み返して過ごしました。

 

◆9~10月、ふと思い立ってシルバーウィークに実家に帰省したんだけど、結果的に生きてる父に会ったのはこれが最後に。

 

この時期引越しもし、体はバキバキ。新しい環境に心もふわふわ。なんとなく浮ついた感じで過ごした秋でした。

 

また、ポール・カバニス先生のトレーニングにも参加しました。

 

◆11月、アイアンガーのガブリエラ先生の3日間WSにがっつり参加!

 

◆12月、父がこの世を去り、同時に体調も最悪を極めました(風邪をこじらせまくり)。リストラティブヨガにずいぶん助けられました。

 

2014年は占星術で、「前半は物事がスピーディーに運び、一転して後半からは『家・住まいのこと、家族のこと』にフォーカスした内省的な時期に突入する」と言われてたんだけど、振り返ると本当にそういう流れだったんだなーと。

 

アクセルべた踏みしながら思いっきりブレーキも踏むような、振り子が大きく左右にふれるような、物理的にも精神的にもアップダンの激しかった後半は、「わたしの生活がヨガと共にあって良かったなー」と何度も思いました。

リストラティブのポーズと瞑想に多くの時間を割き、十分な恩恵を受けました。

 

わたしにとってはヨガだけど、別にヨガだけに限らず、

誰の人生にも「足元を照らし道しるべとなる輝く何か」が在りますように。

ナマステ!

 

 

 

広告を非表示にする