読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MRIはウルサイ

日常のこと

 

MRIって断層画像の撮影をする機械で↓ こんなやつです。

「MRI」の画像検索結果

ウィイイ~ンと足元の穴に運ばれていきます。ちょっとした乗り物です。

検査する側から見る景色はこんな感じ。先日ちょっと撮影する機会がありまして。

 

いろいろ問診して、「閉所は大丈夫ですか?」などの質問や説明を検査技師からうけます。わたしは閉所はぜんぜん平気ですが、鼻先が天井すぐってくらい狭い空間でした。

 

「えーこのあと工事現場にアタマ突っ込むような感じになりますんで~非常に大きな音がしますんで~」

 

と朗らかに説明され、

 

「だからコレつけますんで~」と遮音目的のヘッドホンをつけられ(スピーカーからは室内楽みたいなのが流れてる)、

 

以降は技師の声が聴こえづらいので、技師も身振り手振りを交えながら、

 

「なんかあったらこれグッと!グッと!」と緊急コールボタンを親指イエーイ→押す、イエーイ→押すって何度もやりながら渡され(なぜヘッドホン装着前に言わないんだ・・・)、

 

「問題ないですか~?動かないでくださいね~?始めますよ~台が動きますよ~」と、アナタ→動くの→ダメ→寝台→寝てる→アナタ→が→ドーム→入ってく・・・

 

ジェスチャーゲームなの?ってくらいコチラに解釈を委ねる説明がなされ、

 

最後は「行ってらっしゃいグッドラック!」的な動きで技師の方はわたしの視界から消えました。

 

なにこれ?

アトラクション??

宇宙とか行くやつ?!

 

ピリピリした恐怖や不安を和らげる演出なのかなぁ・・・と思いつつ、わたしの乗った寝台はドームの中に運ばれていきました。

 

骨盤周りの撮影で所用時間は大体20分くらい。画像撮影なんで痛くもかゆくもなかったです。

 

が、まじでどーにかなんないの?!ってくらいウルサイんですよ!

 

遮音ヘッドホンをつけてこのウルサさなの?と唖然としました。もはや室内楽なんていっこも聴こえないし。

 

・ブッブー!ブッブッブー!

・ピコーンピコーンピコーン!

・フォンフォンフォンフォン!

・ビビビビビ!ビビビビ!

 

エラー音の比較テストか?って感じで、けして工事現場の音ではなく、神経にさわる(カンにさわる)機械音が同時に何種類もずーーーーーっと鳴るんです。

 

デッカイ音で!

「不正解」ーーーって!

 

なぜ画像撮影するだけなのにこんなアラーム鳴らしてんの?って途中からキイイイッ!ってなっちゃってもう。静かに撮影できないわけ?と。

 

100歩譲ってなんらかのアラーム音を出す必要があったとして、なんでこんな神経にさわる音をチョイスするわけ?と。音なんて何百種類もあるだろうがーっ!!っと。

 

わたしは100%元気な状態でこの検査に臨んだわけですが、具合悪い人にはマジで拷問のウルサさだろうなーと。

 

もっとこうシンギングボウルとか寺の鐘とかさ、

川のせせらぎとか波の音もいいじゃん、

猫の泣き声とか動物系だよやっぱ、

蛙とかセミなんていいじゃないセミしぐれとかあるんだから、

 

「どんな音がふさわしいか」を真剣に考えた結果、検査時間はあっとゆー間でしたよね。それはそれで狙いどーりなんでしょうかね。

 

※ちなみに仰向けで動かないままキープするのってけっこうツライ人が多いみたいです。わたしはシャバーサナの練習がここで活かされました^^

 

 

 

広告を非表示にする