読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女性のためのヨガとは?

 

今週2/28(日)は女性のためのクラスを開催しますが、

そもそもなぜ「女性という性」に着目した

プラクティスが必要とされるのでしょうか。

 

出産に関する各人の考えや主義・思想は

別のテーマなので横に置いておきますが、

 

女性が「産む性」であることは

ゆるぎない事実です。

 

初潮を迎える10代の思春期から、

やがて更年期を経て閉経するまで、

 

約28日の1サイクルの中で

女性ホルモン(エストロゲンプロゲステロン)の

分泌は増減し、排卵や月経が起こります。

また、

 

◆肉体の変化 ⇒気持ちの変化

◆気持ちの変化 ⇒肉体の変化

 

どっちが先か後かに関わらず、

この働きは排卵や月経以外にも

様々な心身の変化を起こさせます。

 

わたし達の意思に関わらず

女性として生まれたら与えられる

「生命の働き」というルーティーン。

 

それは実に精巧で、

なんだか神秘的で、

とても現実的な「肉体の変化」を伴う、

 

28日間に渡るプロジェクト。

 

あなたのプロジェクトは課題やリスクなく

正常に進行していますか?

 

わたしは30代半ばのハードワークだった時に

このプロジェクトがしばらく破綻しました。

 

当時のわたしにとって、このプロジェクトを

犠牲にしてでも「やるべき!やらねば!」という

トピックが仕事やキャリア構築でした。

 

「心身の健やかさ」を犠牲にせざるを得ない時期は、

たぶん誰の人生にも起こります。

 

その結果ナニが起こるか?

どうなるか?

深く考えたり想像したりコミットすることもなく

ただなんとなくユルく犠牲にしがち。

 

実際ユルく犠牲にしたわたしは、

子宮筋腫」という結果を得ました。

 

 ・漿膜下筋腫

 ・子宮の外側にある漿膜部分にできる筋腫

 ・増大してくる方向が遮るものがない腹部のため

  容易に増大する(現在直径6cm、ゴルフボール大)

 

症状は腰痛が徐々にひどくなっていますが

静観中で、外科処置の予定は今のところありません。

 

この結果を受け容れ、自分自身のお世話をし、

労わり、お手入れをする事を自覚しはじめて

わたしにとってヨガはさらに大切なものになりました。

 

「ヨガは安全で、実践的で、効果の見える、

費用対効果の高い介入である」と強く感じます。

 

この経験を経て、

 

子宮や卵巣という内臓/肉体を労わるために、

女性ホルモンのバランスを保つために、

 

そしてこの神聖なプロジェクトが行われる

自分自身の「内側に宿る光」に

誇りと敬意を持って過ごせるように、

 

このクラスではヨガを「労わりのツール」として捉え、

効果的なポーズを行っていこうと思います。

 

・肉体にどんな変化が訪れ、

・呼吸の様子はどのようになり、

・感情や思考や感覚、心持ちはどうなるか

 

観察していきましょう。

 

痛みや課題があっても別に構いません。

それらは避けがたいことだから。

だけど痛みや課題を「苦しみ」に発展させるかどうかは

オプションです。

そのオプションは選択しないでおきましょ^^

 

※紹介するポーズは↓以下を参考に行われます。

WOMAN'S YOGA BOOK (ウーマンズヨガブック) - 女性のヨガライフ実践書 - (YOGA BOOKS)

WOMAN'S YOGA BOOK (ウーマンズヨガブック) - 女性のヨガライフ実践書 - (YOGA BOOKS)

  • 作者: リンダ・スパロー,パトリシア・ウォールデン,アンダーザライトヨガスクール,赤木香苗
  • 出版社/メーカー: アンダーザライト
  • 発売日: 2015/10/10
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログを見る
 

 

皆さまのお越しをお待ちしています。

 

----------------------------------------------------  

 

月経周期を尊重するヨガ

2月 28 日(日)

13:30~15:00 ※ドアオープン13:15~

 

月経前症候群(頭痛や腰痛、イライラや不安等の

気分の乱れ、眠気やだるさ、むくみ等)から

月経中にかけて、効果的なポーズを紹介します。

 

◆このクラスは女性限定で、運動量は少なめです。

靴下やレッグウォーマー、上着など、

身体を冷やさない衣類をご準備ください。 

◆場所は高円寺ヨガまるで開催します。

 

◆レッスン料は¥2000(初回¥1500)です。

 

◆ご予約、お問合せはコチラ

  

 f:id:otafukuko:20130525002255p:plain

 

★otafukuyogaの最新クラススケジュールはコチラ

 

 

 

広告を非表示にする