姿勢の教科書

 

ヨガ仲間のオススメで購入しましたが

非常にわかりやすかったです。

正しく理想的な姿勢を取り戻す 姿勢の教科書

正しく理想的な姿勢を取り戻す 姿勢の教科書

 

この手の本って「帯に短し、たすきに長し」で

 

専門家からすれば物足りず、

素人からすれば難しい、

 

誰に向けてどの程度の粒度でコンテンツ化するか

すごく難しいんだろうけど、

 

*解剖学やアライメントを意識するヨガ練習生

*指導者(ヨガに限らず)や身体施術者

*ストレッチを始めたい「具体的な症状」がある人

*身体の仕組みや成り立ちをきちんと知りたい

 

といった人にオススメかな、と。

何よりも、

 

いまの状態をどう見るか?

イイのか悪いのか

何がどうなってるのか?

 

評価する手立て(基準)が明記してあるので

かなり参考になります。

 

「姿勢の教科書」ではありますが、

姿勢をどう良くしてくか?の前に

いま現在の姿勢はどうか?という

現状の評価の仕方が詳しくてGOODです。

 

また機能解剖をメインに

明確で的確な根拠に基づく治癒(トレーニング)方法が

3Dイラストを交えて説明されているので

非常にわかりやすいです。

 

★★★

amazon解説】

 人間は24時間いつでも立位・座位・臥位

(横たわってる状態)いずれかの姿勢をとって

生活しています。これらを理想姿勢にすることで

体調不良の改善、運動パフォーマンスの向上に

役立てることができます。まず理想姿勢とは何なのか、

立位・座位・臥位それぞれの理想姿勢を説明し、

不良姿勢を生み出す原因、その診断を解説。

最終的にはそれらを修正するための方法(ストレッチと

エクササイズ)を図解しました。

★★★

 

年末年始は気持ちも新たに

わりと高めの目標設定でムチャな自己流トレーニングを

やらかしがちですが(経験談)

 

基礎となるカタチ(=姿勢)に意識を向けて、

整えながら楽しみたいもんです。

 

この本、重版かかってるのか

最近でも本屋さんでよく見かけます。

興味のある方はぜひ手に取ってみてくださいね!

 

★otafukuyogaの最新クラススケジュールはコチラ

 

 

広告を非表示にする