モロッコ旅行記③ 砂漠へ

 

*「モロッコ旅行記①睡眠、猫たち」

*「モロッコ旅行記②シャウエンからフェズ」

 

フェズから砂漠へはアトラス山脈を超えるんだけど、f:id:otafukuko:20180513225208j:plain数年ぶりの寒波の影響で大雪が降り、前日まで山越えルートは閉鎖。f:id:otafukuko:20180211161407j:plain私たちはギリギリで閉鎖解除されたお陰で足止めされず、無事にアトラス山を越えることができた。f:id:otafukuko:20180513225434j:plainアフリカには最高峰キリマンジャロがあるわけで、雪を抱く山があるのはもちろんわかってるんだけど、まさか北アフリカでこんな雪景色を見るとは思わなかった。f:id:otafukuko:20180213103942j:plain夜にようやく砂漠の入り口の街エルフードに到着。翌日いよいよ憧れのサハラ砂漠へ!f:id:otafukuko:20180513225914j:plain夜明け前に出発し砂漠の街メルズーガへ。街灯なんてのはおろか、なんの目印もない砂地の大地を4WDで駆けてくと、たくさんのラクダたちが待機してました!か、かわいい~~!f:id:otafukuko:20180513230025j:plain「砂漠の船」と呼ばれるラクダは、砂地で足もとをとられやすい砂漠において重要な相棒。隊列を作ってベルベルの民に導かれて日の出スポットへキャラバン!

 

けして乗り心地は良いとは言えないけれど、そもそも砂漠はまっ平ではなく大小のこぶこぶがあり、かつ地味に上り下りが続く。そんな歩きづらい砂の大地を一歩一歩と一体となって進んでいくのは本当に感動もの。

 

「移動手段として生きた動物に乗る」という経験じたい初めてだったので、キブンは完全に遥か昔のペルシャ商人に。ペルシャ商人、なかなか内転筋や腸腰筋が鍛えられたんじゃなかろうか・・・乗馬する人なら当たり前の筋肉運動ですら新鮮!

 

月の砂漠をラクダとキャラバン・・・こんなロマンがあっていいのかー?!とアドレナリン大放出でした。f:id:otafukuko:20180513230542j:plainなぜか「砂漠はいつも三日月」と幼少時から思い込んでたんだけど、ほら、やっぱりちゃんと三日月だった!f:id:otafukuko:20180513230242j:plainやがて息を飲む日の出の瞬間が静かに訪れf:id:otafukuko:20180212071232j:plain空気を、景色を、世界を一変させる力強い日の出。ただ太陽が昇るだけの現象に心が震える。f:id:otafukuko:20180212072751j:plain砂漠の地で月や星や太陽がどうして重要視されるのか。果てしない営みの中で淡々ときっかり繰り返される天体の動きに神を見つけるのはどうしてなのか。f:id:otafukuko:20180212072538j:plain何もない、何の音もしない、何の匂いもしない、 f:id:otafukuko:20180212070019j:plain隊列を組んで人を運ぶのは10歳までのオスのラクダだけだと、ベルベル人のガイドさんが教えてくれたf:id:otafukuko:20180212065321j:plainベルベル人の歴史には諸説あるようだけど、およそ紀元前5千年頃からモロッコに暮らしていたらしい。

どこに住んでるの?どこに帰るの?と聞くと「アッチのほう」と指差し教えてくれた。もちろん何もない。f:id:otafukuko:20180212074557j:plainひと仕事終えたラクダとベルベル人の一行は、どこからともなくやって来て、どことも知れない方角に向かって淡々と歩きだし、やがて見えなくなった。

 

どこから来てどこに帰ったんだろう?わたしはどっから来たんだっけ?わたしが営む「あのいつもの人生」の裏側にいったいどれほどの知らない世界があるんだろう?f:id:otafukuko:20180513233819j:plainシャウエンは青かったけど砂漠は橙色(この2枚は友人の良いカメラで撮影したけど加工やモード切替なし、肉眼で見た色合いはこの2枚が近いので掲載)f:id:otafukuko:20180513233914j:plainあの強烈な色彩をわたしは一生忘れない

 

正直、2か月以上経って記録を残してるいま時点でも「あの時間はなんだったんだろう」と思う。砂漠で体験したあの時間はわたしの人生に起きた出来事だっけ?的な。

旅行は大なり小なりそーゆーキブンをもよおしがちだけど、それでもこんなに現実感を伴わない感じってあまりない。いま、この瞬間も、あの大地はたしかに在るはずなんだけどまるで現実感がない。

東京の空の下でパソコンに向かうこのわたしの現実空間と隔たりがあり過ぎて。世界は広い!といえばそれまでなんだけど、物理的な距離や文化的な違いがもたらす「遠さ、果てしなさ」だけでなく、何か果てしない夢のような。

 

憧れ続けた砂漠、今回はただただ「ドアをちょっと開けてみた」感しかなく、いったい何が何やら?のうちに過ぎ去ってしまった。呆気にとられてるうちに終わった。

砂漠にハマる人がいるって聞くけれど、なるほどこれはやばいな・・・完璧ハマったな・・・と思う。次の砂漠はぜったいキャンプ!できれば2泊したい。

 

*「モロッコ旅行記①睡眠、猫たち」

*「モロッコ旅行記②シャウエンからフェズ」

 

★otafukuyogaの最新クラススケジュールはコチラ

 

 

広告を非表示にする

【告知】2018年5月のクラス

 

ゴーーーーーールデンウィーク、いかがお過ごしですか?わたしは今年もがっつりトレーニングをうけております!

f:id:otafukuko:20050519152553j:plain

継続的に学ぶ先生がいるということの有難さを、「いま自分がヨガを学べる環境・状況にある」ということをの有難さを噛みしめながら、尋常じゃない筋肉痛に耐えて学んでいきます(ドMの発送w)。

 

こうして日々学び、日々練習し、自分自身に落とし込んで体得したものをシェアしていくことを、これからも真摯にマイペースに続けていきます!

 

以下、5月のクラスのお知らせです。全てALLレベルでどなたでもご参加いただけます。みなさまのお越しをお待ちしております! 

 

----------------------------------------------------

全クラスともアライメントを重視したアイアンガースタイルのハタヨガです 

 

◆5/12 (土) 12時15分~13時30分

ハタベーシックス

高円寺ヨガまる

 

◆5/13 (日) 14時30分~16時

ハタ(アライメントベース)

五反田サン&ムーン

 

◆5/20 (日) 13時15分~14時45分

呼吸と瞑想による心身回復のヨガ(運動量少)

otafukuyoga@高円寺ヨガまる

 

◆5/26 (土) 12時15分~13時30分

ハタベーシックス

高円寺ヨガまる

 

◆5/27 (日) 14時30分~16時

ハタ(アライメントベース)

五反田サン&ムーン

 

----------------------------------------------------

どなたでもご参加いただけます。

みなさまのお越しをお待ちしております! 

 

 

★otafukuyogaの最新クラススケジュールはコチラ

 

 

広告を非表示にする

モロッコ旅行記②シャウエンからフェズ

 

*「モロッコ旅行記①睡眠、猫たち」

 *「モロッコ旅行記③砂漠へ」

 

ロッコ北部のシャウエンて街が青いのは知ってたし、シャウエンにはその「青さっぷり」を見に行ったようなもんなんだけど、

f:id:otafukuko:20180430214213j:plain

「ああ、青いですね」という感想以上のものは特に感じなかった。こんなに青色好きのワタクシでも、いやだからむしろ?

f:id:otafukuko:20180430214355j:plain

「なるほど青いな~」くらいの感想。「写真でみたものを実際に確認した」感が強くて、インスタ映えする街並みではあるけれど、まあ絶景というほどでもなく。とはいえ、普通のスナップでもこんな素敵な写真↓が撮れたりしてそれはほんと凄い。

f:id:otafukuko:20180430214502j:plain

シャウエンは山の谷間にある町で、もう少し山側にいくと観光客はNGとされる、いわゆる「おクスリ地帯」が広がってるらしい。麻薬の売人がウロウロしてたりハシシが盛んだったりするエリアらしく、そーゆー「観光客にはけして見せない裏の顔を持ってる」ということに興味がわいた。ナニを懐に隠してるの??と。

 

シェルタリング・スカイ」のボウルズや、「裸のランチ」のバロウズストーンズのブライアンジョーンズやジミヘン、ツェッペリンらが影響を受けた国、それがモロッコ!と刷り込まれた私にとって、

裸のランチ [Blu-ray]
 
ブライアン・ジョ-ンズ・プレゼンツ・ザ・パイプス・オブ・パン・アット・ジャジュ-カ

ブライアン・ジョ-ンズ・プレゼンツ・ザ・パイプス・オブ・パン・アット・ジャジュ-カ

 

紫の煙が漂うエキゾチックで妖しい国・・・という思い込みの強さがあったのか、最初の街のシャウエンはやけにフォトジェニックで綺麗過ぎて「ふ~む」だったのかもしれない。

アクシス:ボールド・アズ・ラヴ

アクシス:ボールド・アズ・ラヴ

 

砂の城」はエッサウィラで作られたらしい・・・ってか今回、モロッコ感化のルーツとなる文化をたずねるなら外せないはずのエッサウィラとタンジェを旅程から外しているのが痛恨のミス。でもそんなにいっぺんには周れないんだよ~

f:id:otafukuko:20180430220111j:plain

ってことで気をとりなおしてフェズへ!

f:id:otafukuko:20180430220237j:plain

世界一複雑な迷路の街、1000年以上続く世界最大の迷宮都市、伝統工芸に従事する職人の街、それがフェズ。ブー・ジュルード門をくぐった向こうが迷宮の始まり。

f:id:otafukuko:20180430220205j:plain

現地ガイドさんにナビってもらわなければ完璧に迷って泣きをみること間違いなし。いまだに地図も整備されてなく、案内板もなく、迷ったら最後。

f:id:otafukuko:20180430220553j:plain

f:id:otafukuko:20180211101001j:plain

当然車は入れないので荷物を運ぶのに動物たちが大活躍。

f:id:otafukuko:20180211101624j:plain

このカラウィンモスクは世界最古の大学ともいわれ、アラビア数字はここからヨーロッパに広がったらしい↓ ってかこの辺りはマジでごちゃごちゃ狭くてカオスでした。f:id:otafukuko:20180211111804j:plain

f:id:otafukuko:20180211111131j:plain

有名なタンネリ(革なめし職人の地区)、写真左手前にミントの葉を持つわたしの手が映ってますが、見学の際に渡されました。強烈に臭いからミントでも嗅いでろ!と。でもわたしは匂いはわりと平気だったなー。 

f:id:otafukuko:20180211102703j:plain

まあとにかく路地が迷路でわけわかんないんですけどね。 

f:id:otafukuko:20180211101315j:plain

革職人のエリア、木工や銅打ち細工のエリア、食品エリア、絨毯エリア、と分かれてるのでウロウロ歩いてるうちにどんどん景色が変わってって面白いです。

f:id:otafukuko:20180211100320j:plain

f:id:otafukuko:20180211100407j:plain

f:id:otafukuko:20180501003032j:plain

f:id:otafukuko:20180501002831j:plain

f:id:otafukuko:20180501002851j:plain

f:id:otafukuko:20180211125603j:plain

ここは現役の神学校、タイル細工や装飾が本当に素敵でした。

f:id:otafukuko:20180211131152j:plain

f:id:otafukuko:20180211131247j:plain

ç»åã«å«ã¾ãã¦ããå¯è½æ§ããããã®:1人以ä¸ã室å中世アラビアの色を濃く残す古都フェズにおいて、わたしの最大のお目当ては・・・

f:id:otafukuko:20180501001403j:plain

「フェズ・ブルー」と呼ばれる陶器!

f:id:otafukuko:20180501001551j:plain

f:id:otafukuko:20180501001620j:plain

f:id:otafukuko:20180501001635j:plain

f:id:otafukuko:20180501001654j:plain

手描きの伝統的なデザインプレートが欲しくて、

f:id:otafukuko:20180501001727j:plain

すでにクローズされた有名なコセマ社の陶器はどこかで出会えたらラッキー!ぐらいのもんだったので、確実にGETすべく工房に出向きました。これは伝統的なベルベル模様を手描きしたプレート。

f:id:otafukuko:20180311121722j:plain

ぐはーかわいいいいいいいいい!で、下はアラビア文字で何か書いてある(なんて書いてあるんか聞いたのに忘れてしまった・・・誰か読んで教えてくれないかなぁ)。

f:id:otafukuko:20180311121749j:plain

f:id:otafukuko:20180220201959j:plain

あまりショッピングタイムがとれなかったのでコセマの陶器は念入りに探せず・・・でもマラケシュでも四角いボウル風の変わった形のお皿を購入。並べて撮影するとさすがにチカチカするけどw、ブルー好きとしては念願かつ大満足のお買い物!

f:id:otafukuko:20180311121845j:plain

フェズの迷路は狭く入り組んだ路地の向こうに人々の仕事や暮らしが垣間見えて、 

f:id:otafukuko:20180501003120j:plain

f:id:otafukuko:20180501004512j:plain

このままもっとずっと彷徨い続けたい強い衝動にかられる磁力の強すぎる街でした。 

 

*「モロッコ旅行記①睡眠、猫たち」

 *「モロッコ旅行記③砂漠へ」

 

★otafukuyogaの最新クラススケジュールはコチラ

 

 

広告を非表示にする

【告知】高円寺ヨガまるクラスがお引越し

 

今年の花粉は大変みたいですね・・・「こ、殺される~」と見えない花粉と戦う周りの人を見てると、まだ発症してない私としては安堵しつつも将来不安です。

 

 

さて、高円寺のヨガタジオ「ヨガまる」で毎週(木)20時15分~「ハタベーシックス」を担当してまる5年経ちましたが、この春からクラスがお引越しします。

 

◆これまで

毎週(木)20時15分~21時30分

※4月いっぱい開催

 

◆これから

隔週第2、第4(土)12時15分~13時30分

※5月より開催、初回は第2土曜の5/12

 

平日の遅い時間にも関わらず熱心にクラスにご参加くださった皆さま、5年間本当にありがとうございました^^

 

クラスは引き続き「ハタベーシックス」を予定してます。さらにパワーアップして、楽しくチャレンジできるクラスを開催したいと思います!

 

平日や夜のクラスの参加が難しかった皆さん、

ヨガを始めてみようかな?の初心者やビギナーの方々、

長年の練習生やTT卒業生の方、

 

ALLレベルクラスなので年齢も性別も経験も不問、「柔かいカラダ」も不要です。週末の入り口、土曜のお昼のクラスにぜひいらしてくださいね!

 

 

★otafukuyogaの最新クラススケジュールはコチラ

 

 

広告を非表示にする

【告知】2018年4月のクラス

 

4月は愛するマタジ・サチコナーンダ氏の誕生月!

f:id:otafukuko:20180328174537j:plain

ついでにわたしの誕生月でもあるんですが、なにかと生活の変化が大きい4月っていまいち誕生日感に浸れないんですよね・・・

f:id:otafukuko:20180328174542j:plain

わたしはさておき、もうすぐ19歳になるサッさんを全力でお祝いしたいと思います!

 

楽しく、仲良く過ごしてきたこのかけがえのない日々を、2度と戻らない時間に感謝し、これからますます大切に過ごしたいな^^

 

以下クラスのお知らせです、全てALLレベルでどなたでもご参加いただけます。

みなさまのお越しをお待ちしております! 

 

----------------------------------------------------

全クラスともアライメントを重視したアイアンガースタイルのハタヨガです 

 

◆4/1 (日) 14時30分~16時

ハタ(アライメントベース)

五反田サン&ムーン

 

◆4/5 (木) 20時15分~21時30分

ハタベーシックス

高円寺ヨガまる

 

◆4/8 (日) 14時30分~16時

ハタ(アライメントベース)

五反田サン&ムーン

 

◆4/12 (木) 20時15分~21時30分

ハタベーシックス

高円寺ヨガまる

 

◆4/14 (土) 12時45分~14時15分

呼吸と瞑想による心身回復のヨガ(運動量少)

otafukuyoga@高円寺ヨガまる

 

◆4/19 ( 木) 20時15分~21時30分

ハタベーシックス

高円寺ヨガまる

 

◆4/22 (日) 16時30分~18時

リストラティブヨガ

五反田サン&ムーン

 

◆4/26 ( 木) 20時15分~21時30分

ハタベーシックス

高円寺ヨガまる

 

----------------------------------------------------

どなたでもご参加いただけます。

みなさまのお越しをお待ちしております! 

 

 

★otafukuyogaの最新クラススケジュールはコチラ

 

 

広告を非表示にする