【告知】ヨガニドラーとリストラティブヨガ

 

11月23日(木)の祝日、高円寺ヨガまるでは

夜のレギュラークラスをお休みして

 

代わりにリストラティブヨガヨガニドラー

90分スペシャルクラスをお昼に開催します。

 

※イメージ画像

 

ヨガニドラーは「眠りの瞑想」「気付きを伴う睡眠」

とも言われ、覚醒と睡眠の中間にある「まどろみ」の

状態でガイドに従って行う瞑想手法のひとつです。

 

肉体や生命エネルギー、

意識や思考や感情、

そして本来の自分という存在、

 

それら全包囲に渡って完全なるリラックスと

解放をもたらす効果があると言われています。

f:id:otafukuko:20171109171931p:plain

実りをもたらす豊饒の大地に感謝を寄せ、

心と身体を回復させる

静かな時間を過ごしましょう^^

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

◆クラス

祝日スペシャル90分クラス

「ディープリラックス~回復のヨガと眠りの瞑想」

ご予約⇒

 

◆開催日

11/23(木・祝)11時半~13時

※ドアオープン15分前

 

◆担当

Kumiko

 

◆定員

8名

 

◆料金

・ヨガまるスジタオ通常チケット

・ドロップイン2,500円(スタジオ初回1,500円)

 

◆内容

・前半は軽く身体をほぐし、

 道具を使ったリストラティブヨガのポーズで

 心身の休息、回復を促します。

 

・後半は仰向けで寝た状態で「ヨガニドラー」という

 瞑想を行います。

 

・香を使った癒しと、シンギングボウルの倍音により

 浄化を促します。

 

・年末に向けて慌しさが増すこの時期、

 普段の疲労が抜けない方、不眠気味やストレスを

 感じている方、自律神経の乱れを感じている方等に

 特にオススメのクラスです。

 

・運動量は少なめです。

 ヨガが初めての方もぜひご参加ください。

 

・また冷えやすい方はしめつけの少ない上着や靴下等を

 ご用意ください。

f:id:otafukuko:20161120235732j:plain

f:id:otafukuko:20171115165442j:plain

ご参加お待ちしてます!

 

 

★otafukuyogaの最新クラススケジュールはコチラ

 

 

 

広告を非表示にする

【告知】2017年11月のクラス

 

18歳と半年のサチさん、先日全身麻酔をしました。

f:id:otafukuko:20171101153020j:plain

高齢なので麻酔は高リスクだったんですが

今後の健やかなシニアライフのために、

闘病のために(慢性腎不全です)、決断しました。

f:id:otafukuko:20171101152622j:plain

無事に済んで、術後はポケ~っとしてたんですが

寝て&ちょっと食べて、を繰り返しながら

元気に無事に復活してくれました。

 

なにげない日常や幸せな時間のはかなくて有限、

あたりまえのことをガッツリ考える数日でした。

 

★★★★★

 

年末に向けては、公私ともにバタバタの時間を

過ごすかたが多いと思いますが

 

ちょっと立ち止まって落ち着きたい時、

ぜひヨガをしにいらしてくださいね。

 

土曜のクラスはリストラティブのポーズを中心に

瞑想も行っています。

 

木曜夜のクラスはけっこうしっかり動きます。

運動不足を感じてる方はもちろん、

ポーズの基礎を練習したい方や

身体をより理解したい方、ぜひどうぞ!

 

f:id:otafukuko:20130525002255p:plain

----------------------------------------------------

クラスはアライメントを重視した

アイアンガースタイルのハタヨガです 

 

◆11/2(木)20時15分~21時30分

ハタベーシックス

高円寺ヨガまる

 

◆11/9(木)20時15分~21時30分

ハタベーシックス

高円寺ヨガまる

 

◆11/11(土)12時45分~14時15分

呼吸と瞑想による心身回復のヨガ(運動量少)

otafukuyoga@高円寺ヨガまる

 

◆11/16(木)20時15分~21時30分

ハタベーシックス

高円寺ヨガまる

 

◆11/23(木・祝)11時30分~13時

祝日スペシャル90分クラス

ディープリラックス~回復のヨガと眠りの瞑想

高円寺ヨガまる

※夜の通常クラスは休講

 

◆11/30(木)20時15分~21時30分

ハタベーシックス

高円寺ヨガまる

----------------------------------------------------

 

どなたでもご参加いただけます^^ 

みなさまのお越しをお待ちしております! 

 

 

★otafukuyogaの最新クラススケジュールはコチラ

 

 

広告を非表示にする

銭湯で「加齢」について考えた

 

わたしは10代から銭湯や温泉やスパといった

入浴施設のベテランなんですが、

 

先日、番台のあるド昭和な銭湯で、

やってきた常連ぽいお婆さんに

番台のオバチャンが

 

「いま〇〇さん来てるわよ」

と声をかけました。

 

常連婆:え~やあねえ・・・(あからさまな不満)

番台オバ:まだかかるわね

常連婆:こないだも□?&=@#で・・・(なんか文句)

番台オバ:うんうん

常連婆:はっきり言おうかしらもう(戦意)

番台オバ:まあ今日はいいんじゃない

常連婆:じゃあもうちょっとしてから出直すわ

 

といって帰ってしまいました。

 

わざわざ出直すんだ・・・

お風呂もガマンできないモメ事って?

 

とか思ってたんですが、

でも、

 

裸の付き合いをした上でなおモメるってのは

相当ウマがあわないんだろうし

 

水場でハダカで一触即発とか

湯船で過激な舌戦!とか

そんな戦闘モードは銭湯だけに危険だし

 

これはまあ番台のおばちゃんナイス采配!

グッジョブ!なんだろうな~と思いました。

 

で、湯船につかってると

 

「あなた!かけ湯した?」

「髪がたれてるキチンとまとめて!」

「マナーないわね」

「週末はダメな客が多いわ」

 

というふうに

キレながらエチケット指導をする

お婆さんがいました。

 

また、混んでるのに場所取りをする人、

スネ毛剃りといったNG行為者もいて、

 

これがもう揃いも揃って

高齢者らがやらかしよるわけです。

偏見ではなく、事実として。

 

負の「お風呂あるある」ではあるんだけど

これってなんなんだろう?と

長風呂でヒマなわたしは考えました。

 

親をはじめ、お年寄りに対して

「子供なの!?」と思うこと、割とあります。

 

周りに配慮しないで大声で喋るとか、

相手の気持ちを考えない発言をするとか、

食事がでるのがちょっと遅いだけで文句言うとか、

自分で確認せず人を捕まえて延々質問し続けるとか、

列の割り込みとか、

 

とかとかとか。

 

耳が遠いとか老眼だとかの

身体上の問題の有無はちょっと置いといてですが、

 

要するに、

 

ワガママになったり、

こらえ性がなくなったり、

ガマンができなくなったり、

他人に対する配慮がなかったり、

 

これってどういうことなんだろう?と。

 

年を取ると丸くなったり成熟したり、

「加齢=人間の出来は右肩上がり」

じゃなかったの?と。

 

もちろんもともとそーゆー性格ってことも

あるだろうけど。

 

思うに、

 

わたし達は思春期とゆー

「他人を気にしまくる季節」あたりから、

 

正しいかどうか

イケてるかどうか

恥ずかしくないかどうか

カッコ悪くないかどうか

 

といった他人視点に立ち、

元来の性分を検分した上で

自主規制の鬼コーチを心に宿す。

 

鬼コーチは自分にはもちろん

他人(まずは身近な大人である親から)にも厳しくて、

 

そのコーチっぷりはある程度の年代までは

奏功するんだと思う。

 

わたしは10代の頃しょっちゅう母に

「正しいこと」を押し付けてました。

母が「まあそんくらいイイじゃんよ」と

手抜きとかおサボリとかをしたがると

 

「それは人間として正しくない!」とか

めんどくせーことを言うておったw

母よすまない・・・いやほんとに・・・

 

青年期や壮年期にかけては

どんな自主規制コーチを宿すか?と社会性が相まって

「大勢の中の自分」という視点で行動できるんだけど

 

だんだんお年寄りに近づくにつれ

もう鬼コーチの言うことが

きけなくなるんじゃないかと。

 

だりーな!と

うるせーな!と

 

老い先短いのにガチの自主規制なんか

やってられっか!とばかりに。ま、想像ですが。

 

よってもともとの個性や人間性がまた際立ってくる・・・

そーゆー仕組みなのかもしれないな、と。

 

年を取ると丸くなる、というのも

年を取ると頑固になる、というのも

 

つまりは「ちゃんとせよ!俺もオマエも!」の規制が

「まあもうええやんか」と緩和したものなんじゃ

なかろうか。

 

規制を解くと「本来の性分」が

ドッパーンと解放されるんだけど、

 

母親を見て思うのは

「こーゆー女性だったのね」という気持ち。

 

不安屋で怖がりなのにわざと強がる天邪鬼。

つい余計なコトを言って、その度にくよくよ。

 

彼女に対し「親」という役割のみを押し付けてた頃には

まったく見えなかったけど

 

「ひとりの人間の加齢という変化」と思うと、

その際立ちはじめた性分もなんとも憎めない。

「お母さんってばまったくも~(苦笑)」って具合に。

 

わたしもアナタも、親も兄弟も、人は等しく加齢し、

加齢という「初めての変化」を経験する。

 

わたしはいま、はじめての43歳を過ごし、

半年もすれば初めての44歳を迎える。

 

つまりみんな年を取るのは初心者。

 

いつかわたしも自主規制緩和をし

めちゃくちゃユルあまモードの高齢期に突入し、

「憎めない」どころじゃないお年寄りになる可能性は

充分あるわけです。いやほんとに。。

 

社会生活しなくなる(付き合いが小さく狭くなる)から

自主規制は緩和されるのか?

 

自主規制を緩和するから

社会生活を送れなくなるのか?

 

このニワタマ論は決着つけようがないんだけど

いずれにせよ、

属するコミュニティを狭くしたり、少なくしたり

しないほうが規制し続けられそうな気はする。

 「人の中で生きよ」ってやつですかね。

 

規制が効かない様子を咎めたり嘆いたりばかりせず

キリキリせずユーモアをもって

「自分と他者の加齢」を受け入れたいな~

と思った銭湯ネタであーーーーーーる!

 

【参考】加齢という変化を綴ったエッセイ↓

わたしの容れもの

わたしの容れもの

 

 

 

★otafukuyogaの最新クラススケジュールはコチラ

 

 

広告を非表示にする

お気に入りのドライフルーツ

 

あるお店のドライフルーツにハマってまして

f:id:otafukuko:20171021222602j:plain

このピオーネが絶品!

シュワシュワ炭酸水やアワアワのお酒といただくと

濃厚な味わいと香りがより引き立ちます^^

 

パインも洋ナシもこれまで食べたのとは

まったく違ってて、果物本来の甘味で美味しいです。

あとリンゴもびっくり!美味い!他のと全然違う!

 

ここの商品は完全手作業で生産されてて

砂糖を使用せず(一部の商品にのみ使用)

低温長時間乾燥させてるそうです。

本社工場・作業風景

本社工場・作業風景

めちゃめちゃ手作りですね!

 

岐阜県土岐市に生産工場があるお店で

販売店は中部地方が中心、

 

都内では限定催事で販売されてたんですが

なんとこの秋から銀座三越に出店したそうです↓

銀座三越 B3

この店のスゴイところは、これでもか!ってくらい

試食をさせてくれるんです。

ポーッと足をとめた瞬間から様々なドライフルーツを

ガンガン食べさせてくれます。

わたしたぶん全種類試食したかも・・・w

 

ドライフルーツって砂糖不使用のはずなのに

ヘンにエグ甘い感じがあったりして

当たりはずれあるなぁ、と思ってたんだけど

 

この店はもうむちゃくちゃ試食させてくれるので

ハズレなしで気に入ったものが買えます。

 

あとナッツ類もあるんですが、

「皮付きカシュー」がオススメ!

ぜひ行ってみてくださいねー!

※1枚目の写真以外は店舗HPから借用転載

※通販だと以下で取扱いがあります

 

多々楽達屋(タタラチヤ)|高島屋オンラインストア

 

 

★otafukuyogaの最新クラススケジュールはコチラ

 

 

広告を非表示にする

you are that!

 

Tat Tvan Asi (タット トヴァン アシ)

You are That.

 

あなたこそが全体であり

世界の真実である

f:id:otafukuko:20170924231102j:plain

バガヴァッドギーターの教え

f:id:otafukuko:20170924231117j:plain

いろいろうまくいかなかったり

気分がもやもやしたり

 

そんな世界も「わたし」が作り出している 

 

心や身体に「痛み」があっても

「苦しみ」に発展させないように・・・

 

哲学モード全開の秋です。

やさしく学ぶYOGA哲学- バガヴァッドギーター [改訂版] (YOGA BOOKS)

やさしく学ぶYOGA哲学- バガヴァッドギーター [改訂版] (YOGA BOOKS)

  • 作者: 向井田みお,アンダーザライトヨガスクール,久保玲子,Under The Light Yoga School (アンダー・ザ・ライトヨガスクール)
  • 出版社/メーカー: Under The Light Yoga School (アンダーザライト ヨガスクール)
  • 発売日: 2009/10/15
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 7回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

★otafukuyogaの最新クラススケジュールはコチラ

 

 

広告を非表示にする