読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【告知】2017年3月クラス

クラスのお知らせ

 

寒い日が続きますね

 

同居のサチコさん(17歳)は

日中は陽のあたるリビングでぬくぬく

f:id:otafukuko:20170217162756j:plain

夜は寝室のエアコンの真下でぬくぬく

f:id:otafukuko:20170216151808j:plain

とにかくぬくぬくノンビリと

春を待っておられます^^

f:id:otafukuko:20170216152019j:plain

 

しかし人をダメにするソファは

猫もダメにするんですね・・・

 

ちなみに私はこのソファめったに座れません。

ちょっと座ってると

サチコさんがすぐさま飛んできて

「そこをどくニャアアアア!」と怒るからw

 

ま、ぬくぬくはサチコさんに任せるとして

しっかり心身リフレッシュしたい方は

どうぞヨガしにいらしてくださいね!

  

----------------------------------------------------

*3/2(木)20時15分~21時30分

ハタベーシックス

高円寺ヨガまる

 

*3/4(土)12時45分~14時15分

呼吸と瞑想による心身回復のヨガ

otafukuyoga@高円寺ヨガまる

 

*3/9(木)20時15分~21時30分

ハタベーシックス

高円寺ヨガまる

 

*3/16(木)20時15分~21時30分

ハタベーシックス

高円寺ヨガまる

 

*3/18(土)12時45分~14時15分

ハタ&リストラティブ(心身回復のヨガ)

otafukuyoga@高円寺ヨガまる

 

*3/23(木)20時15分~21時30分

ハタベーシックス

高円寺ヨガまる

 

*3/26(日)17時~18時30分

ベーシック1

吉祥寺SHIZENヨガ

 

*3/30(木)20時15分~21時30分

ハタベーシックス

高円寺ヨガまる

----------------------------------------------------

 

どなたでもご参加いただけます^^ 

みなさまのお越しをお待ちしております! 

 

 

★otafukuyogaの最新クラススケジュールはコチラ

 

 

広告を非表示にする

ラマナンド先生が来日されます

ヨガWS/TT

 

初めてラマナンド先生のクラスを受けたのは2012年。

f:id:otafukuko:20170201170918p:plain

「先生の先生」と呼ばれる素晴らしい指導者で

彼に学ぶ生徒は世界中に数知れず。

吉祥寺SHIZENヨガのドミニカ先生もそのお一人。

f:id:otafukuko:20170201171401p:plain

写真はSHIZENヨガのブログより拝借しました。

2012年来日クラスのレポートはコチラ→

 

2年後の2014年にもトレーニングに参加しました。

 

この時のトレーニングはとても印象的で、なぜなら私

何度かクラス中に涙が溢れたんですよねー。

 

アサナやプラナヤマやムドラーの練習の中で

自然に、常に、当たり前に、哲学的なアプローチで

先生は指導をされるんですが、

 

その先生のアプローチが普段は届きにくい

わたしの意識の奥深くに触れるんでしょうね。

 

このときのクラスで先生がおっしゃった言葉は

大切な「MYマントラ」となっています^^

 

#人生には問題があるのではなく

 ただチャレンジがあるだけ

 できる事を楽しみなさい

 できない事は過程を楽しみなさい

-------------------------------------------------

 

今年のGW、先生が3年ぶりに来日され

吉祥寺SHIZENヨガでクラスを開催されます。

 

さらに!

2泊3日で高野山の宿坊でリトリートも!

f:id:otafukuko:20170201172553p:plain

 

元祖ヨギ(=空海さん)のお膝元で

ラマナンド先生のクラスを受けられるなんて

とんでもなく贅沢!

 

今回のクラスはパンチャ・コーシャ

(五つの鞘・人間五蔵説)がテーマになってて、

 

f:id:otafukuko:20170201173715p:plain

人間は、外側からタマネギをむくように

5つのレイヤーになっているという理論。

 

1 アンナマヤ・コーシャ:食物鞘=肉体

2 プラーナマヤ・コーシャ:生気鞘=生気エネルギー

3 マノマヤ・コーシャ:意思鞘=感情や心

4 ヴィジュナーナマヤ・コーシャ:理知鞘=意識

5 アーナンダマヤ・コーシャ:歓喜鞘=真我

 

この辺りの(ヨガ哲学の)予習をして参加すると

より深い学びになるかと。

わたしも年始から哲学強化中です^^

 

-----------------------------------------------------------

★タマネギをむく

アンナマヤ・コーシャ(食物鞘)から

アナンダマヤ・コーシャ(歓喜鞘)へ

粗大な身体を使って何かをするには、思考が必要です。思考はまた、体の深層、つまりストゥーラシャリーラ(粗大な身体)からスークシュマシャリーラ(微細な身体)、カーラナシャリーラ(原因の身体)そしてアートマ(大いなる自己)までを見抜いていく開始点にもなります。しかし、思考でそんなに見抜いたりできるのでしょうか?アーサナとプラーナヤーマは、この全てにどう関係するのでしょうか?このヨーガ実践についての探求は、大いなる自己の理解を目指して、アーサナ練習から始めて、思考の性質を探っていきます。

 

★高野山リトリート「層の洞察」

ヨガに向かう道は、いくつもの矛盾に満ちています。あるレベルで正しいと見なされたものが、別のレベルでも正しいとは限りません。高野山の美しい自然の中で、スシューラシャリラ(粗大身)のアンナマヤコーシャから、カラナシャリラ(原因身)のアーナンダマヤコーシャまで、身体的レベル、生理学的レベル、内臓的レベル、プラナ的レベル、感覚的レベル、そして瞑想的レベルを認識していく技を、様々な方法でだんだんと進展させつつ探っていきます。ヨーガ実践についてのこの探求は、アーサナ練習を通じて大いなる自己を理解していくことを目的に行われます。

-----------------------------------------------------------

 

こんな機会はきっと最初で最後・・・

 

私の今生でのヨガプラクティスにおいて

重要な意味を持つ学びの旅になる予感しかない!

 

高野山リトリートと吉祥寺で5日間のクラス、

ぜひご興味ある方はチェックしてみてくださいね。

 

※ちなみに高野山はこんなとこです

 

★otafukuyogaの最新クラススケジュールはコチラ

 

 

 

広告を非表示にする

2017年お正月、サーフシティ宮崎

日常のこと

 

明けましておめでとうございます!

 

ってもう1月も半分過ぎてますが・・・

今年もよろしくお願いします^^

 

★★★

 

お正月は地元で過ごしました。

f:id:otafukuko:20170104130236j:plain

宮崎のお正月はほんとーに素晴らしい!

とにかく毎年だいたい晴れてて

外でアイスクリーム食べれるくらい暖かいです。

 

そんな中かねてから行ってみたかった施設へ↓


青島というビーチにできた施設で、コンセプトは

 

世界に誇るサーフブレイクが点在し、美しい山や川、

町をあげて取り組む有機農業など自然の中でどこよりも

人間らしい生活が存在する街「宮崎」

SURF CITYが提案するアウトドアフィットネスとは、

自分のいのち。社会のいのち。地球のいのち。

 

だそうな。

f:id:otafukuko:20170104130020j:plain

サーフショップ、写真撮り忘れたけど

隣にオーガニック系のカフェもあります。

f:id:otafukuko:20170104130138j:plain

レンタルボード、

f:id:otafukuko:20170104130144j:plain

ウェアのレンタルも。

f:id:otafukuko:20170104130217j:plain

フロントやスタジオのある建物から中庭の眺め。

海が目の前~!

f:id:otafukuko:20170104132111j:plain

古民家を改築した建物には

f:id:otafukuko:20170104132148j:plain

ヨガスタジオ以外にのんびり本を読んだり

お茶したり作業ができるスペースが。

いわゆるサードプレイス提案ってやつですね。

f:id:otafukuko:20170104145359j:plain

ヨガスタジオは気持ちの良い床でした!

f:id:otafukuko:20170104145625j:plain

別の角度(プロップスもひと通りありました)。

20人くらいマットひけるかなー。

f:id:otafukuko:20170104132630j:plain

この開放感!

この日はアイアンガーをベースとした

外国人の先生によるハタヨガを受けました。

f:id:otafukuko:20170104130156j:plain

中庭に面した縁側

f:id:otafukuko:20170104145657j:plain

縁側から中庭の眺め

f:id:otafukuko:20170104130307j:plain

中庭から歩いて30歩でビーチ!

天国過ぎる立地!

海を見ながらのランニングコースがずーっと続きます。

 

★★★

 

地元を離れて20年経つとはいえ

私ら地元の人間からすると

 

「移住者による移住者のための施設」感が

ハンパないと思ったかな。

 

メディア発信がどうも地元ではなく

外を向いてるような気がし、あまり近隣の生活者が

日々の生活にヨガを取り入れに・・・って感じが

しなかったかなぁ、と。

 

それでもなんでも、こうして「地の利」を生かして

アウトドアフィットネスが地元で盛り上がってくことは

出身者からするととても嬉しく誇らしいことだなあと。

 

外から眺めたほうがその土地の強みや良さが

よりわかるってこともあるしね!

 

宮崎は畜産に限らず、有機栽培にも力を入れる

生産県なので、自然な暮らしを求める方には

本当にオススメ。

 

この施設、駅も近くて便利です。

でも車で行くのをオススメ!

 

ここでアウトドアフィットネスを楽しんでから

日南方面の素晴らしい海岸線をドライブしてください!


マジで絶景すぎてビックリしますよ~^^

 

 

★otafukuyogaの最新クラススケジュールはコチラ

 

 

広告を非表示にする

2016年末、遺失物お届けのサンタプレイ

日常のこと

 

クリスマスイブの日

広尾の交差点でバス待ちしてたら

路上に年賀状が大量に落ちてました。

 

しかも結婚写真。

ひとくちコメント付きで。

 

「どうしてこうまでバラ巻き落として

気づかない?」ってくらい何十枚もの年賀状が

産卵状態。

散乱状態。

 

「わざとばら巻いたかな?」ってくらい。

新婚さんだけにライスシャワー的な?

 

年賀状は落としたてホヤホヤらしく

車にも踏まれておらず

汚れたら気の毒なので取り急ぎ拾ってみたものの

事後対応について迷いまして・・・

 

1.捨てる

2.ポストに代理投函

3.持ち主に届ける

 

1はないよねー。

捨てるならそもそも拾わないし。

 

で、「落ちてましたよー」と連絡しようにも 

住所しか記載されてないんですよ。

 

わたしは小学校低学年で見限った「年賀状は

一切出さないプロの筆不精」なので知りませんでしたが

TELとかメアドとかは記載しないんですねー。

 

で、「2、代理投函」にしようと思ったんだけど

新婚さんが年賀状の遺失を巡ってモメにモメ

取っ組み合いしながらもまた年賀状を

再手配(再作成)する可能性があるな、と。

 

そうするとこの大量のあて先の人には

2通も年賀状が届くわけで、

 

「は?2通届いたけど?」って

年始から問合せが殺到してそれにいちいち

答えないといけないし、

 

ってか2通それぞれの年賀コメントが微妙に

ズレてたりしたら気恥ずかしいだろうし、

 

ってか2通目は急いでるし喧嘩もしてるだろうから

コメントもなんだか荒れるだろうし←余計なお世話

 

ってかなんでこんな見知らぬ新婚さんの

おっちょこちょいに気を揉まにゃならんのだ!と

 

知らんわい。

投函したるわい。

 

と思ったんだけど・・・

 

でもこれで離婚危機になったら、

年賀状離婚になったらと思うと・・・

 

もうだんだんわたしも逡巡し疲れて

おとなしく「3、持ち主に届ける」べく

近くのコンビニから宅急便で送りましたよ、はい。

 

さっさとそうすれば良かったんだよね。

普通に送りました、ええ。

 

「遺失物お届けのサンタプレイ」をしました!

ってだけの話なんですけどねこれ、

 

作家さんならちょっとした短編小説とか

書けちゃうんでしょうねー。

 

ポール・オースターあたりにぜひ書いて欲しいわー。

スモーク&ブルー・イン・ザ・フェイス (新潮文庫)

スモーク&ブルー・イン・ザ・フェイス (新潮文庫)

 

  オーギー・レンのXmasストーリーのように↓

SMOKE [DVD]

SMOKE [DVD]

 

 

わたしに水野敬也氏くらいの文才があれば

もっとウケるテイで書けるのになー。残念。

 

いずれにせよ、わたしのサンタプレイのお蔭で

新婚さんは年賀状離婚の危機を脱し、ラブラブな

ストロベリータイムを過ごした事でしょ(白目~)。

 

★★★

 

ところで、胃腸にくる風邪が流行ってますね。

インフルやノロといったウィルス性も

あなどれません。。

 

わたしはノドがイガッとしたり

ちょっと背筋や首筋がブルッときた時に

プロポリスキャンディとサマハン(ハーブ)が

手放せません。体調維持にオススメです↓

f:id:otafukuko:20161027235458j:plain

とゆーわけで今年最後のブログは

 

「ヨガに身を置きながらヨガと距離をとる」

 

をモットーに駆け抜けた2016年に相応しい?

何の意味もない、非ヨガなエントリとなりました。

 

休暇にはいられた方も

年末年始も平常運転で働く方も

 

皆さま良いお正月をお迎えくださいね!

 

それぞれの状況の中で

いろんな年の瀬のカタチがあるんだろうけど

 

正直「正月どころじゃない」って人も

居るんだろうけど、

 

どんな状況であっても、

時間だけは平等に全ての人の上を流れていくから、

 

ゆく年を振り返り

くる年を迎えるにあたり

心穏やかな時間が持てることを祈って・・・

 

今年もお世話になりました^^

 

 

★otafukuyogaの最新クラススケジュールはコチラ

 

 

広告を非表示にする

姿勢の教科書

読書メモ

 

ヨガ仲間のオススメで購入しましたが

非常にわかりやすかったです。

正しく理想的な姿勢を取り戻す 姿勢の教科書

正しく理想的な姿勢を取り戻す 姿勢の教科書

 

この手の本って「帯に短し、たすきに長し」で

 

専門家からすれば物足りず、

素人からすれば難しい、

 

誰に向けてどの程度の粒度でコンテンツ化するか

すごく難しいんだろうけど、

 

*解剖学やアライメントを意識するヨガ練習生

*指導者(ヨガに限らず)や身体施術者

*ストレッチを始めたい「具体的な症状」がある人

*身体の仕組みや成り立ちをきちんと知りたい

 

といった人にオススメかな、と。

何よりも、

 

いまの状態をどう見るか?

イイのか悪いのか

何がどうなってるのか?

 

評価する手立て(基準)が明記してあるので

かなり参考になります。

 

「姿勢の教科書」ではありますが、

姿勢をどう良くしてくか?の前に

いま現在の姿勢はどうか?という

現状の評価の仕方が詳しくてGOODです。

 

また機能解剖をメインに

明確で的確な根拠に基づく治癒(トレーニング)方法が

3Dイラストを交えて説明されているので

非常にわかりやすいです。

 

★★★

amazon解説】

 人間は24時間いつでも立位・座位・臥位

(横たわってる状態)いずれかの姿勢をとって

生活しています。これらを理想姿勢にすることで

体調不良の改善、運動パフォーマンスの向上に

役立てることができます。まず理想姿勢とは何なのか、

立位・座位・臥位それぞれの理想姿勢を説明し、

不良姿勢を生み出す原因、その診断を解説。

最終的にはそれらを修正するための方法(ストレッチと

エクササイズ)を図解しました。

★★★

 

年末年始は気持ちも新たに

わりと高めの目標設定でムチャな自己流トレーニングを

やらかしがちですが(経験談)

 

基礎となるカタチ(=姿勢)に意識を向けて、

整えながら楽しみたいもんです。

 

この本、重版かかってるのか

最近でも本屋さんでよく見かけます。

興味のある方はぜひ手に取ってみてくださいね!

 

★otafukuyogaの最新クラススケジュールはコチラ

 

 

広告を非表示にする